だんじゅうろうの芸能速報(仮)

だんじゅうろうの大好きな芸能界のお話でも、、、(2chまとめ)

タグ:映画

風立ちぬ
1: だんじゅうろう 2013/07/16(火) 14:39:23.80 ID:???0
『崖の上のポニョ』以来、5年ぶりとなる宮崎駿監督の長編映画『風立ちぬ』が7月20日に公開される。
同作は、東京、名古屋、ドイツを舞台に、1982年に亡くなった航空技術者の堀越二郎をモデルとした
主人公の半生を描いた、フィクション作品だという。

主演声優を『新世紀エヴァンゲリオン』などで知られる映画監督・庵野秀明が務め、
主題歌は松任谷由美が担当(楽曲は荒井由美時代のもの)。映画を見た松任谷は、
「嗚咽が出てしまうくらい感動した」と絶賛し、宮崎監督自身も上映会で号泣してしまったという。

また、業界関係者からの評判もよく、6月の関係者向け試写会後、『サマーウォーズ』などのヒット作を
手掛ける細田守監督は、Twitterで「こんなにいい映画はいままでになく、そしてこれからもない」と大称賛。
これに、アニメファンらの期待は急上昇した。

しかし7月に入り、一般向けに1万人以上を招待した大規模な試写会が行われると、
ネットには賛否両論が書き込まれた。
「心にじわじわきて涙が止まらなかった」「作画の美しさはジブリ作品一」という感想の一方で、
「話が分からなかった」「退屈で寝てしまった」いった声も多いようだ。

また、子連れで訪れた親からは、「子どもが退屈して、席に座っていられなかった」
「子どもに感想を聞いても『意味分らなかった』としか言わない」といった不満が出たほか、
「ジブリなのに、トトロやポニョみたいなキャラが出てこないじゃない!」と逆ギレする親まで。

「派手さはなく、笑えるシーンや盛り上がりもほぼありません。
公開前から、大人向けの内容であることは伝えられていましたが、それを知らないお母さんたちが『ジブリだから』と
小さな子どもを連れていき、上映中に退屈で泣き出す子どもや、走り回る子どもが頻発したようです」(映画ライター)

72歳にして、“子どもに届かない”作品を完成させた宮崎駿。観客側も、先入観を捨てて見に行く必要がありそうだ。

2013年7月16日 09:00 (サイゾー)
http://topics.jp.msn.com/wadai/cyzo/article.aspx?articleid=1956883

続きを読む

ジョニー・デップ
1: だんじゅうろう 2013/07/16(火) 22:59:15.52 ID:???P
米俳優ジョニー・デップ(50)が16日午後6時8分、主演映画
『ローン・レンジャー』(8月2日公開)のプロモーションのため、
娘のリリー=ローズ・メロディと息子のジャック・ジョン・クリストファー、
交際中の女優アンバー・ハードと共に成田空港に来日した。

白のシャツに、グレーのベスト、ジーンズ、トレードマークの帽子を被った
デップの来日は1年2ヶ月ぶり10度目。前日泊の徹夜組を含む
ファン1200人が歓迎した。(>>2以降に続きます)

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2026671/full/
画像:ファンと交流するジョニー・デップ=成田空港 
ジョニー・デップ2ジョニー・デップ3


続きを読む

北乃きい
1: だんじゅうろう 2013/07/14(日) 15:21:13.19 ID:???0
日刊ゲンダイ 7月14日(日)10時26分配信

デビュー以来、清純派として売ってきた北乃きい(22)が新境地だ。

8月24日に公開予定の映画「上京ものがたり」で体当たりの演技を見せて評判になっている。

漫画家・西原理恵子の同名作品の映画化で、北乃は美大に通うため田舎から上京してきた主人公役。
理想とはかけ離れた東京での生活に翻弄されながらも、力強く夢を追う姿を描いた人間ドラマだ。

「生活費を稼ぐため、キャバクラでバイトを始めるシーンは見どころです。店長から尻をわしづかみにされたり、
泥酔した常連客からは、『おまえたちは、脳みそもココ(おっぱい)についてんだろ』と毒づかれ、
胸を衣装越しに荒々しく触りまくられている。極め付きは、キャバクラのボーイに唇を奪われ、正常位でセックスするシーン。
肌の露出こそ少なめですが、“はあぁ~”と吐息を漏らすシーンは官能的です」(映画ライター)

10年の夏にはイケメン俳優の佐野和真とラブホテルに入って、数時間後に濡れた髪のまま出てきた姿を
写真誌にスクープされてイメージがずたずたになったこともあった。しかし、そんなスキャンダルも今は昔。
演技で周囲を納得させて黙らせたのだから大したものだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130714-00000003-nkgendai-ent

続きを読む

千と千尋の神隠し
1: だんじゅうろう 2013/07/15(月) 12:46:52.64 ID:???0
英Total Film誌が、「映画史上最高の女性キャラクター100人(The 100 Greatest Female Characters)」を発表した。

第1位に選ばれたのは、シガニー・ウィーバー演じる「エイリアン」シリーズのエレン・リプリー。
なお、100人に西洋以外から唯一選ばれたのが「千と千尋の神隠し」の千尋だった。
50位以下にもニキータ、サマー、バーバレラ、グロリア、ギルダ、マレーナ、エイドリアン、アニー・ウィルクスなど
そうそうたるメンバーが名を連ねている。

ベスト50までは以下の通り。

1.エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)「エイリアン」
2.アニー・ホール(ダイアン・キートン)「アニー・ホール」
3.サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)「ターミネーター」
4.クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)「エターナル・サンシャイン」
5.レイア姫(キャリー・フィッシャー)「スター・ウォーズ」
6.ドロシー(ジュリー・ガーランド)「オズの魔法使」
7.ハーマイオニー(エマ・ワトソン)「ハリー・ポッター」
8.ザ・ブライド(ユマ・サーマン)「キル・ビル」「キル・ビル Vol.2」
9.ヒルディ・ジョンソン(ロザリンド・ラッセル)「ヒズ・ガール・フライデー」
10.シュガー・ケイン(マリリン・モンロー)「お熱いのがお好き」
11.エリ(リーナ・レアンデション)「ぼくのエリ 200歳の少女」
12.ジャッキー・ブラウン(パム・グリア)「ジャッキー・ブラウン」
13.リスベット(ノオミ・ラパス)「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」
14.マチルダ(ナタリー・ポートマン)「レオン」
15.キャットウーマン(ミシェル・ファイファー)「バットマン リターンズ」
>>2以降に続く)

映画.com 2013年07月15日08時00分
http://news.livedoor.com/article/detail/7858541/

続きを読む

芦田愛菜
1: だんじゅうろう 2013/06/28(金) 06:05:54.92 ID:???P
人気子役の芦田愛菜がハリウッドデビューを果たしたSF大作『パシフィック・リム』から、
芦田の劇中カットが公開された。本作では、突如太平洋から出現した巨大怪獣と、
人類の英知を集めた人型巨大兵器イェーガーの大バトルが描かれる。

同作で芦田は、イェーガーのパイロットを務める日本人女性マコ
(菊地凛子)の幼少期を演じる。公開された場面写真は、マコが怪獣に襲われ、
逃げ惑う過去を思う回想シーン。赤い靴を手に、苦しみの涙を流す芦田の表情からは、
怪獣が人類にもたらした恐怖と絶望が、ひしひしと伝わってくるようだ。

このシーンで芦田は、全編グリーンバックによる撮影に挑戦。
その場にいない怪獣に対して、終始おびえながら逃げるシーンを、
初となる本場ハリウッドの現場でやりきった。本作のメガホンを取った
ギレルモ・デル・トロ監督は、「恐ろしいぐらいうまい」「僕が仕事をした
最高の役者の一人」とその才能に称賛の声を惜しまない。

一方、当の芦田本人は「撮影中ほとんど泣いているシーンと
怪獣に追われるシーンだったので、涙で顔がはれちゃうほど
がんばりました。皆さん、ぜひ観てください」と余裕のコメント。
大物ぶりを見せつけている。巨大怪獣とロボットの人類の命運をかけた
バトルはもちろんのこと、芦田が見せる圧巻の演技にも注目したい。(編集部・入倉功一)
映画『パシフィック・リム』は8月9日より丸の内ピカデリーほかで3D / 2D同時公開

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0054289
画像:芦田愛菜、堂々たる演技!ハリウッドデビュー作『パシフィック・リム』より
芦田愛菜2


続きを読む

このページのトップヘ