だんじゅうろうの芸能速報(仮)

だんじゅうろうの大好きな芸能界のお話でも、、、(2chまとめ)

タグ:テレビ

小川彩佳
1: だんじゅうろう 2013/08/20(火) 16:37:17.23 ID:???0
「夜のニュース」の代名詞といえば『報道ステーション』(テレビ朝日系)だ。
司会の古舘伊知郎氏の隣に座ることは、テレ朝の報道系女子アナの
「頂点」に立つ存在であることを意味する。

 一昨年から同番組を担当する小川彩佳アナ(28)は、当然ながら
周囲の女子アナたちから羨望の眼差しを受けている。しかし、「最近
小川アナの様子がおかしい」と漏らすのは、あるテレビ朝日社員だ。

「この夏、ある報道スタッフが海外赴任することになり、六本木で
送別会が開かれたんです。小川アナも駆けつけたんですが、
話題が『報ステ』の話になると、突然小川アナが、肩を震わせて
泣き始めたんです。

“自分の色がうまく出せなくて……”“どうすれば一人前になれるのか
わからない……”と話すうちに大粒の涙がポロポロとこぼれ落ちた。
スタッフの間では“やっぱり看板番組のプレッシャーは相当なもの
なんだろう”と話題になった」

 小川アナは『報ステ』を担当して3年目になるが、古舘氏との関係には
悩んでいるようだ。別の『報ステ』スタッフがいう。

「『報ステ』の制作には古舘プロジェクトが大きな発言権を持っていて、
小川アナが番組作りに意見する余地はほとんどない。出過ぎた振る舞いは
許されず“お人形”のような扱い。

 それでいて小川アナは古舘さんから厳しく叱責されることも多いようで、
どうすればいいのかわからなくなっているらしい。前任の市川寛子アナ(33)が
古舘さんのお気に入りだったこともプレッシャーになっているようです。

 しかし、スタッフは皆、“小川アナはよく頑張っている”という意見で
一致している。だからこそみんな必死にサポートしている」

※週刊ポスト2013年8月30日号

http://www.news-postseven.com/archives/20130819_206294.html
小川彩佳2

続きを読む

24時間テレビ
1: だんじゅうろう 2013/08/16(金) 05:52:06.77 ID:???P
◇24時間テレビ“チャリT”100万枚突破
24日放送の日本テレビ系「24時間テレビ36『愛は地球を救う』」(後6・30)で
メーンパーソナリティーを務める嵐の大野智(32)が、世界的前衛芸術家、
草間彌生さん(84)と共同デザインしたTシャツ「チャリTシャツ」が販売数
100万枚を突破し、過去最高を記録したことが15日、分かった。

 Tシャツは番組のHPから通信販売中。これまでの最高は昨年の
76万4198枚で大きく塗り替えた。大野は「多くの方に着ていただけると聞き、
本当にうれしく思っています」と感謝した。

 一部で同番組の嵐のギャラが5000万円と報じられたことについて、
同局は「今年もボランティアで務めていただいております」と否定した。

ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/20130816/joh13081605020000-n1.html
関連ニュース
【芸能】「嵐5000万円、森三中・大島1000万円…」『24時間テレビ』のギャラ公開報道に波紋 ネットで『募金する気なくなった』の声★5
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1376247664/

続きを読む

竹中直人
1: だんじゅうろう 2013/08/16(金) 15:33:57.81 ID:???0
俳優竹中直人(57)が、岡田准一(32)主演のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
(来年1月スタート、日曜午後8時)に、豊臣秀吉役で出演することが15日、分かった。

竹中は96年の大河ドラマ「秀吉」に主演しており、2度目の秀吉役となる。
大河ドラマで主演として1度演じた人物を、別の作品で再び演じることは異例のことだ。

竹中が演じた「秀吉」は沢口靖子、渡哲也ら豪華なキャストとともに、
竹中自身の演技が大きな話題になった。
時代劇特有の所作や約束ごとにとらわれず、奔放で自由な演技が、多くの視聴者をひきつけた。

全49回の平均視聴率が30・5%、最高視聴率が37・4%を記録するなど、
大河ドラマを代表する作品の1つとして知られている。
強烈な印象を残した役柄を18年ぶりに再び演じる異例の挑戦は大きな話題になりそうだ。

「軍師官兵衛」に登場する秀吉は、官兵衛を弟同然のように扱うほど信頼しており、
官兵衛もまた秀吉の天下統一を懸命に助けていく。
竹中演じる秀吉は、作品の中で重要な役割を担っている。

http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/NIK201308160008.html

続きを読む

恋のから騒ぎ
1: だんじゅうろう 2013/08/16(金) 13:34:56.34 ID:???0
 日本テレビのバラエティー番組「恋のから騒ぎ」でプロデューサーを務めた
同社社員の小林正典容疑者(46)=東京都港区=が、無理やり女性の胸を
触ったなどとして強制わいせつ容疑で逮捕されていたことが警視庁麻布署への
取材で分かった。同署によると、小林容疑者は「胸は触っていない」と
否認しているという。

 逮捕容疑は5日未明、港区のホテルで知人女性(19)を押し倒し、無理やり
胸を触ったり、キスをしたりしたとしている。女性は同日、被害届を出した。

 小林容疑者は、2011年まで放送されていた「恋のから騒ぎ」で「キモイマン」として
出演もしていた。日本テレビは「社員が逮捕されたことは遺憾。事実の詳細が
明らかになり次第、厳正に対処する」とコメントした。【喜浦遊】

http://mainichi.jp/select/news/20130816k0000e040173000c.html

続きを読む

半沢直樹
1: だんじゅうろう 2013/08/14(水) 11:36:20.57 ID:???P
 大ヒットドラマには付き物
独走状態の大ヒットドラマ「半沢直樹」。いよいよ“後半戦”に突入し、
平均視聴率も30%の大台をうかがう勢いだが、素朴な疑問がある。
なぜ、いわゆる「主題歌」がないのか――。

 過去の高視聴率ドラマは大抵、主題歌も話題になっていたりする。
相乗効果で、ドラマの数字も伸びていた。古くは90年代の
「101回目のプロポーズ」がCHAGE&ASKAの「SAY YES」、
キムタク主演「ビューティフルライフ」(00年)ならB,z「今夜月の見える丘に」、
最近なら「家政婦のミタ」(11年)が斉藤和義「やさしくなりたい」などなど。

 で、TBSに聞いてみたら、「重厚感のある音楽で皆さまにドラマの世界を
感じていただきたいと思い、服部隆之さんに音楽をお願いいたしました」
(伊與田英徳プロデューサー)とのこと。(>>2以降に続きます)

ソース:ゲンダイネット
http://gendai.net/articles/view/geino/143990
画像:
堺雅人
 
続きを読む

このページのトップヘ