だんじゅうろうの芸能速報(仮)

だんじゅうろうの大好きな芸能界のお話でも、、、(2chまとめ)

カテゴリ: テレビ

眞鍋かおり
1: だんじゅうろう 2013/10/01(火) 23:12:23.78 ID:???P
 タレント・眞鍋かをり(33)が1日放送されたTBS系「有田とヤラシイ人々SP」に出演し、30歳まで年齢詐称していたことを告白した。

 眞鍋によると、デビュー当初は、横浜国大出身の経歴を生かすため、昭和56年(1981年)3月31日生まれ、と公表していたが、実際は昭和55年(1980年)5月31日生まれ、だった。

 「デビュー当時は、前の事務所が大学入学すぐの“18歳のグラビアアイドル”、という経歴を生かしたくて、(詐称)していました」と明かした。1999年のグラビアデビューから、30歳で所属事務所を移籍するまで年齢詐称は続いた。

 眞鍋はその後、所属事務所を移籍。10カ月遅れの本当の5月31日生まれにプロフィールを修正できた。

 眞鍋は「(プロフィールを)変えるタイミングがなくて…」と所属事務所移籍のタイミングで本当の生年月日を公表できたことに感謝。それまでは「誕生日とか祝ってもらっても、ごめんなさい」と当時の事務所の方針とはいえ、心苦しかった心境を明かし、謝罪した。

ソース:デイリースポーツonline
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/10/01/0006385514.shtml
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/10/01/1p_0006385514.shtml
画像:年齢詐称を告白した眞鍋かをり
眞鍋かおり2

続きを読む

彦摩呂
1: だんじゅうろう 2013/10/02(水) 09:46:01.40 ID:???0
「宝石箱や~」のフレーズでおなじみの人気グルメレポーター・彦摩呂(47)の
さらなる“激太り”が話題になっている。

きっかけは30日放送の「笑っていいとも」(フジテレビ)。彦摩呂がゲストとして登場すると、
観客席から「エエ~ッ」の大合唱が起こった。想像以上に肥え太っていたからだ。
確かに、ほおはパンパンに膨らみ、あごはタプタプ。まるで腹話術人形のようだ。

グルメリポーターという仕事柄、多少のぽっちゃりは「職業病」と言えなくもないが、
あまりの太りように、三村マサカズ(46)からは「カエルの化け物みたい」と突っ込まれ、
千原ジュニア(39)も「すべて曲線で仕上がっている!」と驚かれた。

ネット上でも、<いいともに出演した彦摩呂が太りすぎてヤバい>
<もう玉手箱とか言ってられない…><体調は大丈夫なのか>などと大騒ぎに。

さらには<太りすぎてミシュラン化してる>と、あの白いマスコットキャラにそっくりだとする指摘もあり、
彦摩呂の激太りを画像で検証するまとめサイトまで登場する始末。

テレビで見る限り、肌つやは良さそうだったが、やっぱりちょっと心配になってくる。
所属する太田プロダクションに健康状態を尋ねると――。
「体調? 全然大丈夫ですよ。血糖値も尿酸値も正常です。タバコもかなり前からやめています」(マネジャー)

とはいえ、彦摩呂は身長172センチに対し、体重103キロ(理想体重は65キロ)、BMIは34・8で、かなりの太りすぎだ。
良性とはいえ、大腸ポリープが数カ所見つかり、切除したこともある。体調にはくれぐれもご注意を――。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20131001/Gendai_000194697.html

画像 
彦摩呂2彦摩呂3


続きを読む

竹内由恵
1: だんじゅうろう 2013/09/21(土) 09:52:14.65 ID:???0
 “現場”を目撃した女性が、声をひそめながらも、興奮気味にこう話す。

「さすがに目立ってかわいかった。テレビ朝日の竹内由恵アナ(27)だったんですけど、
オーラが違いました。しかも男性と2人でオイルマッサージのスパに入っていったんです」

 竹内アナといえば、『ミュージックステーション』『報道ステーションSUNDAY』などの
レギュラーのほか、世界水泳のキャスターなども担当したテレビ朝日の若きエース。
元ミス慶應という美貌と清楚な雰囲気から、フジテレビのカトパンこと加藤綾子と並ぶ
人気女子アナである。

 冒頭の女性が竹内アナのツーショットを目撃したのは7月中旬の夜。2人が
入っていったのは、六本木の人気スパだった。相手の男性はテレビ朝日の
スポーツ局に所属するS氏(40)。スポーツ番組の担当が多い竹内アナにとっては
上司にあたる人物だ。

「Sさんは世界水泳やロンドン五輪プロデューサーなどを務めるスポーツ畑の人。
学生時代にアイスホッケーをやっていた長身のスポーツマンです。面倒見がいいし、
母性をくすぐるタイプで女性から評判がいい。竹内アナとは『報ステSUNDAY』や世界水泳、
五輪でも一緒でしたね。ただ、交際はどうかな。彼は結婚しているし、いい上司と
部下だと思いますが」(テレ朝関係者)

 S氏の妻は元オリンピック代表の水泳選手・萩原智子(33)。「ハギトモ」の愛称で知られた
美人スイマーだ。1999年に取材を通じて知り合い、8年の交際を経て2006年に結婚している。

 ということは、S氏に仕事の相談にのってもらっただけかもしれない。だが、問題はその密会場所。

 件のスパは、普通の男女別の入浴施設とは違い、完全個室。芸能カップルが
お忍びで訪れることも多い。

 各部屋は高級ホテル並みの豪華な雰囲気で、岩盤浴ブースのほか、かけ流しの湯船、
シャワー室、和室スペースが設けられている部屋もある。

>>2に続く

※週刊ポスト2013年10月4日号

http://www.news-postseven.com/archives/20130921_212919.html
竹内由恵2 
S氏(右)
竹内由恵3

続きを読む

ダウンタウン
1: だんじゅうろう 2013/09/04(水) 22:22:37.79 ID:???0
ここにきてダウンタウン不要論が浮上している。
高いギャラの割りには、視聴率がとれないからだ。

フジは昨年12月に『HEY!HEY!HEY』を打ち切り、次に着手するのが『爆笑 大日本アカン警察』
(日曜、夜7時58分)の撤収だ。
「裏番組の日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』に押され気味で、6~7%にまで落ちている。
日曜のこの時間帯の合格ラインは15%なので、フジでは立て直し候補にもなっていません」(フジテレビ関係者)

よくないのは『アカン警察』だけではない。TBS系『リンカーン』(火曜、夜10時)も低空飛行中である。
「'05年10月から放送開始の老舗バラエティーだが、やはり“金属疲労”が起きていて5~7%をウロウロしている。
今後、上がり目はないでしょう」(テレビ誌記者)

日本テレビ系『ガキの使いやあらへんで』(日曜、夜10時56分)も寿命がきている。
「DVDが13巻で300万本以上売れているので、これまで継続してきた。
ただ、視聴率がよければ今後も続投だが、下落しているから問題です。
'09年から'12年頃にかけては10%前後あったが、ここ数年は悪化をたどり6~8%にとどまっている」(前出・テレビ誌記者)

また『ガキ使』は、いじめを増長させた番組との批判も多い。
ダウンタウンがやたら売れない芸人の頭を叩いて笑いをとったため、学校でもそうした風潮が蔓延し、
イジメの原因となったという。

読売テレビ系『ダウンタウンDX』(木曜、夜10時)は、今年前半、10%前後の回が少なくなり、
最近は6~7%の回が増えている。

「1時間番組のギャラが2人で500万円。その割に視聴率2ケタの番組がほとんどないという惨状。
テレビを支配してきたダウンタウンももう終わりです」(お笑い界事情通)

http://news.livedoor.com/article/detail/8034701/  
続きを読む

ダウンタウン
1: だんじゅうろう 2013/09/04(水) 14:22:48.16 ID:???P
 お笑いコンビ「ダウンタウン」らが出演するバラエティー番組「リンカーン」
(TBS系、毎週火曜午後10時放送)が10日の放送で最終回を迎え、
約8年の歴史に幕を閉じることが分かった。後番組としてダウンタウンが
MCを務める教養バラエティー番組「100秒博士アカデミー」がスタートする。

 「リンカーン」は2005年10月にスタートしたバラエティー番組で、
ダウンタウンのほか、さまぁ~ずや雨上がり決死隊、キャイ~ンといった
人気お笑い芸人がレギュラー出演。料理をほとんど作ったことがない芸人が
料理に挑戦する「リストランテリンカーン」、番組に不満を持つ芸人が
レギュラー出演者に説教する「説教先生」などのコーナーが人気を集めている。

 後番組「100秒博士アカデミー」は“世の中の役に立つ”と信じて
ユニークな研究を続ける人が持論を100秒でプレゼンする学会発表風の
バラエティー番組。プレゼン終了後、ダウンタウンや出演者が発表者に
質疑応答を行う。10月22日から毎週火曜午後10時に放送。

 坂本義幸プロデューサーは、番組について「ダウタウンが芸歴30周年にして
初めて“学術的な番組”に挑みます。お笑いのスペシャリスト×専門分野を極めた
研究者たち、100秒の持論プレゼンはダウンタウンのフィルターを通して
爆発的な化学反応を生み出します」と説明している。(毎日新聞デジタル)

ソース:毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/mantan/news/20130904dyo00m200012000c.html

続きを読む

このページのトップヘ